スポンサーリンク

刻明朝フォントの文字

刻明朝は通常の明朝体の漢字フォントに、極端に小さなひらがなとカタカナを組み合わせて創り出した書体です。 ひらがな・カタカナが本来持っている柔らかなで自然な形状とは対称的に、人工的でやや機械的な「硬さ」が一つの特徴です。 仮名文字についても横棒は漢字と同様真横に一直線の伸び、同様のウロコを持っています。 縦棒はまたそれとは異なり、アルファベットのセリフに近い装飾が施されています。 まさに、漢字フォントとアルファベットフォントを融合した仮名文字を有したフォントとなっています。

ひらがな・カタカナは独特のエレメントを持ちつつも大げさな主張はしない、落ち着いたデザインに仕上がっています。 曲線はなめらかに太さを変え、上品でロマンチックな印象を与えます。 本来の仮名文字の骨格とは程遠いデザインですが、可読性が損なわれないようそれぞれの文字の表情を踏襲した丁寧な骨格を持ち合わせています。

刻明朝フォントで組む文

これらの文字は、組んだときにさらに美しさを演出してくれます。 漢字がちょうど足を付ける部分に、背が小さくてスリムな仮名文字が連なっていく通常の刻明朝の組み見本をご覧ください。 遠巻きにそれを俯瞰すれば、まるで一つの模様であるかのように統一感のあるデザインが見て取れると思います。 なお、基本的に横組みを想定して作成したデザインですが、縦組みでもまた違った印象を与えてくれます。

まるで静かにきらめくような刻明朝は、たとえば次のような場面で使用すると最適かもしれません。
・上品な案内状に添える数行の文章
・神秘的なサブタイトル
・想い出のアルバムの絵解き
・切ない曲のCDジャケット
など

また、長い文章の本文として刻明朝を使用する場合は、文字間隔を広めに取って文字のサイズも従来より少し大きめにすることを推奨します。 これは、通常の日本語フォントとは違い、仮名が小さくて文字の幅も狭まっているためです。 同じスペースに通常の日本語フォントと同じ要領で文字を組み込むと、おそらく省スペースになるはずです。 その分、一カ所あたりの文章の意味が濃くなるため、人によっては読後に疲労感が発生する可能性があります。 つまりその対策として、長文での使用は文字間隔と文字サイズを工夫するという点が挙げられることになります。

スポンサーリンク

フォントの概要

このフォントは、「IPAex明朝/IPAexゴシック」フォントにオリジナルの文字を加え加工したものです。
このフォントのライセンスは、「IPAフォント」のライセンスに準じます。IPAフォントのライセンスは、配布物に含まれる「ipaexfont」フォルダの「IPA_Font_License_Agreement_v1.0.txt」かIPAの該当ページをご覧ください。
Copyright© Information-technology Promotion Agency, Japan (IPA), 2003-2013.

フォントの特徴

「刻」シリーズは、漢字に比べて平仮名・カタカナを幅ごと小さくデザインしたフォントです。何行にもわたって組まれた文字列を眺めると、統一感のある美しさに気づかされます。
刻明朝体では、落ち着きあるクラシックなイメージを演出することができます。

商用利用・プログラムへの埋め込み

作成した印刷物およびデジタル・コンテンツにつき、その商用・非商用にかかわらず放送、通信、各種記録メディアなどの媒体の形式も問わず、使用をすることができます。ただし、これはIPAフォントのライセンスのもとにあります。

注意事項

フォントのダウンロードおよびインストールはご利用される方の責任において行っていただきます。フォントの使用について、いかなる保証も行いません。発生したいかなる損害(データ損失等を含む)についても、提供側は責任を負いません。

デザイナーの方にも

クリエイティブな活動を行うデザイナーの方にもご利用いただけます。そのまま画像化してWeb素材や映像パーツとして利用したり、アウトライン化したデータを変形して活用することも可能です。

フォント公開にあたって

フォントは無料で公開しております。必ずライセンスをご確認の上ご利用ください。IPAフォント制作者様・提供者様に深く御礼申し上げます。

スポンサーリンク

ダウンロード

こちらよりダウンロードしてください。ZIPファイルを解凍してご利用ください。必ずインストール前に同封されているライセンス事項のテキストをお読みください。


【関連】
カタカナフォント
パックvol.1

▶ 公開中のフリーフォント一覧

「刻」シリーズは、漢字に比べてひらがな・カタカナを幅ごと小さくデザインしたフォントです。 何行にもわたって組まれた文字列を眺めると、統一感のある美しさに気づかされます。